現預金の過大・過少な残高の修正方法

現預金の過大・過少な残高の修正方法をご紹介します。
基本的な考え方は「現預金のマイナス残高の修正方法」と同じです。

目次

過大・過少になる原因

現預金が過大・過少になる原因としては以下のようなことが考えられます。

  • 売掛金の入金、買掛金の支払いの記帳漏れ
  • 入金・出金の二重記帳など

現預金の過大・過少な残高の修正の会計処理

過大な残高の修正の会計処理

(例)A氏の当期末の試算表の預金は100,000円であるが、実際の預金は70,000円であった。
なお、マイナス残高の原因は前期に売上30,000円を二重に記帳してしまったためであった。

事業主貸30,000預金30,000(*1)

(*1)実際残高70,000-帳簿残高100,000

貸方の預金は帳簿残高を実際残高に合わせるための仕訳です。
借方の事業主貸は、実際残高に合わせるために帳簿上事業主に30,000円の資金を返したことを意味する仕訳です。

過少な残高の修正の会計処理

過少な残高の修正の会計処理はマイナス残高の修正の会計処理と同じです。

(例)A氏の当期末の試算表の預金は70,000円であるが、実際の預金は100,000円であった。
なお、マイナス残高の原因は前期に仕入30,000円を二重に記帳してしまったためであった。

預金30,000 (*1)事業主借100,000

(*1)実際残高100,000-帳簿残高70,000

借方の預金は帳簿残高を実際残高に合わせるための仕訳です。
貸方の事業主借は、実際残高に合わせるために帳簿上事業主から30,000円の資金を借りたことを意味する仕訳です。

前期の会計処理の修正

先ほどの設例はいずれも前期の会計処理の誤りにより預金が過大・過少になっていたというものでした。
この場合、前期の決算書・確定申告書の修正等が必要になる場合があるためご注意ください。


目次