税理士の探し方

今日は税理士の探し方についてご紹介したいと思います。

目次

会計事務所と税理士事務所の違い

世の中には「〇〇会計事務所」・「〇〇税理士事務所」などがありますが、その違いについて説明します。

実は弊事務所の正式名称は「守山税理士事務所」であり、屋号で「もりやま会計事務所」としています。
これは、税理士法上、税理士が税理士事務所を開業した場合、「税理士事務所」と称しなければならないとされているからです。

そのため、「税理士事務所」とあれば税理士が開業した事務所であるということになります
一方で、「会計事務所」という名称は、公認会計士と税理士の両方の資格を持っている者が開業した事務所であることが考えられます(税理士の資格だけではないということを明確にしたい意図などから会計事務所と名乗っています)。

税金の申告の依頼という観点だけであれば、会計事務所と税理士事務所はほぼ同じであると考えて頂いて問題ありません。

税理士の探し方

それでは税理士の探し方としてはどのような方法があるかについてご紹介します。

今では街中の看板を見て税理士を探す人は少ないため、インターネットで探すことを前提とすると、検索エンジンで「大阪市 会計事務所」、「住吉区 税理士」などと検索することが考えられます。

そして、ほとんどの場合、税理士紹介会社のサイトや会計ソフト会社の税理士紹介サービスのページがヒットします。

今ではこの税理士紹介会社や会計ソフト会社を経由して税理を探す人が多くなっています。その他には、会計事務所のWEBサイトから直接問い合わせたり、知り合いの税理士に依頼したりというケースがあります。

メリット・デメリット

それぞれの探し方のメリット・デメリットとしては以下のようなことが考えられます。

税理士紹介会社を利用会計ソフト会社の紹介サービスを利用会計事務所に直接問い合わせ知り合いの税理士に依頼
メリット・多くの税理士から最適な税理士を提案してくれる
・その会計ソフトに詳しい税理士を紹介してくれる・最も料金を抑えることが可能
・柔軟な契約ができる
・自ら税理士を選択できる
・知り合いという安心感がある
デメリット・料金が高くなる可能性がある
・柔軟な契約が難しい
・会計ソフトの導入を求められることがある
・一度に多くの税理士を比較できない・慣れ合いが生じる
・料金が高くなりがち
・契約を解消しづらい

多くの方が気になるコスト面につてい補足すると、税理士紹介会社を利用した場合、会計事務所は税理士紹介会社に手数料を支払うため、料金を高く設定せざるを得ない場合があります。
弊事務所でもWEBサイトから直接お問い合わせ頂くことがありますが、そのような方が料金面では最もお得になっています。

税理士探しの参考にご紹介させて頂きました。

目次