【freee】口座連携の方法

先日お客様からfreeeの口座連携をサポートして欲しいと依頼されたため、今日は口座連携の方法についてご紹介します。銀行口座やクレジットカードなどとの連携はクラウド会計ソフトを利用するための第一歩です。

目次

口座とは

まずは口座の概念からです。一般的には「口座」というと銀行口座や証券口座を思い出します。

しかし、freeeでは「現金」、「銀行口座」、「クレジットカード」、「その他」を口座と呼んでいます
これはfreee独自の概念です。

口座連携の前提

口座連携の前提として、銀行口座であればネットバンキングを開設していること、クレジットカードであればWEBで明細が確認できるサービス(三井住友カードであればVpass、楽天カードであれば楽天e-NAVIなど)に登録している必要があります。

口座連携の方法

①「口座」>「口座の一覧・登録」をクリックします。

②登録したい口座の種類を選択し、登録します。
例としてクレジットカードを登録する場合はクレジットカードを選択し、「クレジットカードを登録する」をクリックします。

③カード名を選択します。
例えば楽天カードであれば「楽天カード」と入力して検索するか、よく選択されるクレジットカードの一覧の「楽天カード」をクリックします。

④「口座を登録して連携設定に進む」をクリックします。

⑤ID・パスワード、入出金記録の取得期間等を入力して、連携します。
例えば楽天カードであればID・パスワード、誕生日、入出金記録の取得期間を入力して、「楽天カードとの連携設定を行う」をクリックします

なお、「入出金記録の取得期間」とはいつまで遡ってデータを取得するかという意味です。そのため、既に手作業で入力した期間や取り込みたくない期間があればそれ以降の期間でデータを取得する必要があります。

連携の確認

口座連携の作業が完了したら、正しく連携されているか確認しておきましょう。
登録した口座のステータスが「同期済」となっていれば連携に成功、「同期失敗」となっていれば連携に失敗しています。

「同期失敗」の場合は確認ボタンをクリックして原因を確かめることができます。

その原因がログイン情報の誤りであれば、正しいID・パスワードで再度連携作業をします。「金融機関のアップデート対応のため同期停止中」などと表示された場合は数日~数週間かかることがありますので、日を置いて再度連携を試みてください。

目次