株主名簿の作成方法

株主名簿の作成方法についてご紹介します。

目次

株主名簿とは

株主名簿とは株主の氏名又は名称及び住所、株主の有する株式の数、株主が株式を取得した日等を記載したもののことを言い、株式会社は株主名簿を作成しなければならないとされています(会社法121条)。

株主名簿の作成方法

株主名簿には①株主名、②住所、③株式数、④取得日を記載します。

非上場企業等では、それなりの規模感があっても株主名簿は自社でワードやエクセルで作成されていることが一般的です。
ネット上に株主名簿のひな形が落ちていることがありますが、不必要に複雑になっているものが多いため、以下のようにシンプルに作成しておけば問題ありません。

株主名住所株式数取得日
会計一郎大阪府大阪市住吉区…1002023年4月1日
会計二郎大阪府大阪市住之江区…1002023年4月1日
A商事株式会社大阪府大阪市中央区…1002023年4月1日


■会社法121条
株式会社は、株主名簿を作成し、これに次に掲げる事項(以下「株主名簿記載事項」という。)を記載し、又は記録しなければならない。
 株主の氏名又は名称及び住所
 前号の株主の有する株式の数(種類株式発行会社にあっては、株式の種類及び種類ごとの数)
 第一号の株主が株式を取得した日
 株式会社が株券発行会社である場合には、第二号の株式(株券が発行されているものに限る。)に係る株券の番号

目次