【WordPress】お問い合わせフォームプラグイン「WP Forms Lite」の使い方

WordPressのお問い合わせフォームと言えば「Contact Form 7」が有名ですが、私は「WP Forms Lite」を使っています。
今日はWP Forms Liteの使い方をご紹介します。

目次

WPForms Liteとは

WP Forms LiteとはWordPressのお問い合わせフォームのプラグインのことです。
特徴としては初心者向けと言われており、お問い合わせフォームの作成が視覚的に行いやすいです。

私がContact Form 7ではなくWP Forms Liteを使っている理由は、Contact Form 7はお問い合わせフォームを中央寄せするために追加CSSの記載が必要ですが、WP Forms Liteはデフォルトで中央に表示されるからです。

WP Forms Liteのインストール

①プラグイン>新規追加で「WP Forms Lite」を検索して「今すぐインストール」をクリックします。


②インストールできたら「有効化」をクリックします。

お問い合わせフォームの作成

①WP Forms Lite>新規追加をクリックします。


②簡単なお問い合わせフォームを選択して「テンプレートを使用」をクリックします。
※空白のフォームを使うより、まずは簡単なお問い合わせフォームを使って慣れるのがオススメです。


③添付のようなお問い合わせフォームのテンプレートが表示されるため、好きなカスタマイズをして、保存をクリックします。

お問い合わせの通知の設定

①設定>通知からお問い合わせがあった時の通知の設定を行い、保存をクリックします。


送信先メールアドレス
お問い合わせがあった時にどのメールアドレスへ通知するかの設定です。
デフォルトの「{admin_email}」とはWordPressの管理者メールアドレスのことです。
右上の「スマートタグを表示」>「メール」をクリックすると問い合わせフォームに入力されたメールアドレスを加えることができます。
ただし、追加する際は必ず「{admin_email}, {field_id=”1″}」のように半角カンマでメールアドレスを区切る必要があります。

●メール件名
メールの件名です。「お問い合わせ」または「お問い合わせを承りました」などど入力すればよいでしょう。

●フォーム名
お問い合わせがあった時の通知のメールの送信者名です。

●送信元メールアドレス
お問い合わせがあった時にどのメールアドレスから通知するかの設定です。

●Reply-To
お問い合わせがあった時の通知のメールの返信先です。{field_id=”1″}などお問い合わせフォームのフィールド番号を入力します。

●メールメッセージ
お問い合わせがあった時の通知のメールに表示する内容です。
こだわりがなければ{all_fields}で問題ありませんが、特定の内容のみ表示する場合は{field_id=”2″}などお問い合わせフォームのフィールド番号を入力します。

お問い合わせフォームの埋め込み

①画面右上の「埋め込む」をクリックし、「ショートコードを使用する」をクリックします。
※ショートコードを使用するのが汎用性が高くオススメです。


②ショートコードをコピーします。


③コピーしたショートコードをお問い合わせフォームを設置したいページにペーストして設置完了です。




目次